髪の毛は、日常的にさまざまなダメージにさらされています。

シャンプー
ドライヤーやコテの熱
パーマやカラー
紫外線
エアコン
ブラッシングによる摩擦

ほとんどが髪をキレイに保つためには必要なことですが、髪のダメージの原因にもなることばかりです。

そうしたダメージを少しでも軽減しサラツヤのキレイな髪を保つために、さまざまなヘアケア用品を取り入れます。

その1つがヘアオイル

たくさんの種類があるヘアオイルには、それぞれの効果や特徴があります。

では、チャップヘアオイルの特徴はなんでしょうか?

それは、3つの効果が期待できる点です。

チャップアップヘアオイル3つの効果
  • 髪の毛の保護
  • 髪の毛の保湿
  • 髪の毛の補修

安心の全額返金保証付き

何もケアしない髪はどうなるの?

  1. 髪の毛は、毎日のように摩擦やドライヤーの熱、紫外線などのダメージを受けています。
  2. ダメージを受けた髪は、キューティクルが剝がれ、髪内部の栄養や潤いが流れ出てしまいます。
  3. ツヤやハリが失われ、パサつきや枝毛、切れ毛、うねりが生じやすくなります。いわゆる、ダメージヘアになってしまいます。

でも、チャップヘアオイルを、洗い流さないトリートメントとしてヘアケアにプラスするとこんなメリットがあります。

チャップヘアオイル美髪のための効果


髪の毛をオイルでコーティングすることによって、ドライヤーの熱や紫外線、ブラッシングによる摩擦など日常的なダメージから髪の毛を保護してくれます。

12種類のピュアオイルが、髪の毛1本1本をコーティングし、紫外線や摩擦から髪を保護し、水分の蒸発を防ぎます。

チャップアップヘアオイルには、ヒートアクション成分(γ-ドコサラクトン)デュナリエラサリナエキスを配合しています。 γ-ドコサラクトンはドライヤーの熱でキューティクルのめくれを補修、デュナリエラサリナエキスは、UV吸収作用があり、UV-A、UV-Bから髪を守ってくれます。

シャンプーやコンディショナーで補給した栄養や潤いを逃しません。

髪の内部に栄養を取り入れ、キューティクルのめくれ上がりを補修し、理想の美しい髪に導きます。

髪の表面をコーティングするだけの鉱物性のヘアオイルと違い、植物性のヘアオイルは髪の内部に栄養が浸透し、髪内部を補修する効果が期待できます。20種類の美容成分を99.8%配合したチャップアップヘアオイルは、髪に潤いと栄養を与え、髪内部から補修します。

キューティクルとは?

ところで、キューティクルという言葉、聞いたことはあるけど、実際に詳しく知っている人って少ないと思うので簡単に説明したいと思います。

1本の髪は、大きく分けると3つの部分からなり、一番外側をキューティクル、中間部をコルテックス、中心部をメデュラといいます。大部分がタンパク質であり、残りは脂質、メラニン色素などです。毛髪のタンパク質は、シスチンというアミノ酸が多いのが特徴です。

キューティクル
半透明のうろこ状のものが平たく4~10枚重なって、髪の内部組織を守る働きをしています。キューティクルは、濡れていると柔らかいため、特にこすれることによって、欠けたりはがれたりして、毛先ほどキューティクル枚数が少なくなっています。花王/髪の構造

キューティクルは、髪を守るバリアのようなものだと思えばいいですね。

髪の毛のいちばん外側にうろこ状に重なり、外部の刺激から髪を守り、髪の内部から水分や栄養を逃さないように保っています。

キューティクルが整った髪の毛には、ツヤや光沢があって、天使の輪ができます。キューティクルって美髪を保つためには欠かせない大事なものなんですね。

チャップヘアオイルのまとめ

髪や頭皮に良いシャンプーを使い、トリートメントで栄養補給してるけど、毛先がパサついたり、うねる・・・

ヘアオイルを取り入れると、トリートメントで補給した栄養や潤いを逃さずコーティングしてくれます。

チャップヘアオイルなら、髪の表面をコーティングして保護するだけでなく、栄養や潤いを与え、キューティクルのめくれを補修する効果が期待できます。

ドライヤー前にチャップヘアオイルを塗るだけで、サラツヤ髪の出来上がり

髪を乾かす時にふんわり香るフルーティーローズの香りが、本当に癒されます。

安心の全額返金保証付き